huluは、月額定額料金で定期配信作品や見逃し配信作品だけでなく、劇場最新公開作品関連の特集作品やピックアップ海外ドラマなどダウンロード機能の利用によってインターネット接続なしでも可能です。

huluでは劇場公開最新作関連の「ターミネーターシリーズ」やRe:ゼロから始める異世界生活」に加え、人気オリジナルアニメ「地獄少女」や映画「ジェミニマン」に主演している「ウイル・スミス関連作品」が非常に人気です。

 

hulu人気作品:ターミネーターシリーズ

ターミネーターは、「エイリアンシリーズ」や「アバター」を手掛けた「ジェームズ・フランシス・キャメロンの人気映画であり、カリフォルニア州知事やボデービルダーで知られる「アーノルド・シュワルツェネガーが主演です。

ターミネーターは、2019年で公開35年の節目を迎えることから「ターミネーター:ニュー・フェイト」が2019年11月8日から日本国内でも公開され、huliでも過去の作品を放送しています。ターミネーターは、核戦争後人類に対して反乱を起こした自我を持つ人工知能「スカイネット」が戦況を打開するために刺客を起こりますが、人類側の総司令「ジョン・コナー」の存在消去を阻むために1984年にタイムスリップした「Tー800」がターミネーターです。

その後、1991年の第2作目「ジャッジメント・デー」に続き、2003年の第3作目「ライズ・オブ・ザ・マシーンズ」と2009年の第4作目「ターミネーター・サルベーション」と公開されてきました。

 

hulu人気作品:地獄少女

地獄少女は、2005年10月の放送以来2017年9月まで断続的に第4シリーズまで放映されたオリジナルアニメであり、2018年9月13日に実写版映画の制作が発表されたことで注目が集まっているオリジナルアニメでもあります。

実写版映画は、「貞子VS伽倻子」や「ノロイ」などの人気ホラー映画を手掛けてきた白石晃士氏が脚本と監督を務めている話題作であり、2019年11月15日公開予定です。

実写版映画には、2019年2月号のViViで専属モデルとして最後の表紙を飾った「玉城ティナ」を主人公閻魔あいに抜擢し、多度大社の主祭人として知られる「一目連役」や炎に包まれた牛車の車輪の中央に男性の顔が付いた「輪入道役」にそれぞれ「楽駆」と人気俳優大森南朋の父親「麿赤兒」を起用している話題作です。

オリジナルアニメ「地獄少女」は、「法で裁けぬ晴らせぬ恨みを依頼者から引き受けて成敗する。」時代劇「必殺シリーズ」をコンセプトとしており、必殺シリーズのように元締に依頼するのではなく現代社会の中軸を担うインターネット上に突如現れる「地獄通信」に恨みを入力する形で恨みが「閻魔あい」に伝わります。

恨みを知った閻魔あいは、「人を呪わば穴二つ」と依頼人に死後代償として地獄に落ちることを伝えると共に「藁人形」を手渡し、藁人形に結ばれた赤い紐を解くことで「地獄流し」が開始される人気アニメです。

地獄少女では、必ずしも勧善懲悪が遂行されるわけでなく原則として依頼人の怨恨を晴らすことに重きを置いていることから感情移入しやすく、各話のエンドロールで地獄流しにした人物の名が書かれた蝋燭が寿命が尽きたことをあらすように消えるわかりやすい構成になっています。

しかし、第4シリーズ「宵伽」では本物の閻魔あいと同じ外観の地獄少女となった「寒河江ミチル」が新しく登場しますが、寒河江ミチルの場合には依頼が正当な場合にのみメールによって受理されると共に依頼者がメールが開かれることで寒河江ミチルが現れる違いが話題となったシリーズです。

私もこのシリーズが大好きで、huluで視聴できることを知った私はネット検索で見つけた「VODフリー」のサイトで無料トライアル期間だけの登録・解約ができることを知り、2週間の無料期間で大量に視聴したのを今でも覚えています(笑)

 

hulu人気作品:ウイル・スミス関連作品

ウイル・スミスは、プリンスの愛称でラップ・ミュージシャンとして1990年代にテレビ進出を果たし、「ブロークバック・マウンテン」や「ライフ・オブ・パイ・トラと漂流した227日」などの名作を手掛けたアン・リー監督の最新作「ジェミニマン」に出演しています。

ウイル・スミスは、マイケル・ベイ監督の1995年制作「バッドボーイズ」やローランド・エメリッヒ監督の1996年制作「インデペンデンス・デイ」で名優と呼ばれ、その後スティーブン・スピルバーグの「メン・イン・ブラックシリーズ」やリチャード・マシスン原作の「アイ・アム・レジェンド」など35を超える映画で主演している人気俳優です。

huluでは、ウイル・スミスの代表作「インデペンデンス・デイ」や「アイ・ロボット」などを放送しており、「ジェミニマン」だけでなくバッドボーイズ2の続編となる「バッドボーイズ・フォー・ライフ」が2020年公開予定なので是非とも見ておきたい作品です。

「アイ・ロボット」は、アクションコメディストーリーが多いウイル・スミスの主演作の中では近未来の社会問題を主題とした数少ない作品であり、ロボット工学3原則を組み込まれたロボット達の悲しい姿や異質なロボットが敢えて永遠の寿命を求めて人間化する考えさせられる映画です。